白えびは富山に来たら食べてほしい富山湾の宝石

当ページのリンクには広告が含まれています。
富山ではしろえびをスーパーで購入できる

富山県の美味しい海産物のひとつ、白えび(しろえび)。

ゴールデンウィークに富山に帰省すると、ちょうど白えびがスーパーでも販売される時期になっています。

この時期に富山に行くなら、白えびは食べてほしい富山の特産物です!

私の実家では、よく白えびを唐揚げにして食べるので紹介します。

目次

白えびは富山湾の宝石

富山の海産物として、鰤(ブリ)やホタルイカが有名ですが、白えびも有名です。

富山湾の宝石」として、商標登録もされています。

見た目が白に近い淡いピンク色で美しく、宝石のようです。

白えびは、「ひらたえび」「べっこうえび」などとも呼ばれますが、「しろえび」が一番良く呼ばれると思います。

地元では「しろえび」と呼びますが、標準和名は「しらえび」なんですよね。

でも、地元で「しらえび」と呼ぶ人に会ったことはない…。

富山湾では白えびは4月から11月まで漁獲されます。最盛期は夏。

どの時期も美味しく、漁期の間はずっと旬です。

最近は冷凍技術により、漁期でなくても、いつでも白えびを食べられます

いつ食べても美味しい白えびですが、新鮮な白えびも食べたくなりますよね。

ゴールデンウィークはちょうど漁が始まっている頃なので、富山に行くなら、是非食べてほしい海産物です。

富山のスーパーで白えびは買える

富山ではしろえびをスーパーで購入できる

富山ではスーパーで白えびを買える

これは富山の良いところですよね。

運が良ければ朝とれの白えびを買える時もありますし、運が悪いと品切れの時もあります。

実家ではよく白えびを唐揚げにして食べます

白えび唐揚げ

白えびを家で食べるなら、唐揚げがオススメです!

作るのが簡単だし、パリパリッとした食感が美味しいです。

材料
  • 白えび
  • 小麦粉(衣用)
  • カレー粉(お好みで)
  • 油(揚げるための油)

白えびに小麦粉または片栗粉で衣をつけてシンプルに揚げるだけ。

お好みでカレー粉を少し入れても、スパイシーになって美味しいです。

私の実家ではS&Bのカレー粉を少し衣に入れています。

このカレー粉は便利。いつものカレーにちょっと入れると、さらに美味しくもなります。

¥311 (2024/07/08 21:26時点 | Amazon調べ)

私の実家での、白えびの唐揚げの作り方も紹介します。

STEP
白えびを洗う
白えびで唐揚げを作る

白えびをサッと水で洗って、ザルで水を切ります。

STEP
袋の中に衣となる小麦粉とカレー粉を入れる
白えびで唐揚げを作る

袋の中に小麦粉とカレー粉を入れて混ぜます。

カレー粉の量はお好みで良いですが、少し入れればカレー風味になるので十分です。

STEP
袋の中で白えびに衣をつける
白えびで唐揚げを作る

白えびに衣をつけます。

袋の中で衣をつけると楽です。

STEP
180度の油で揚げる
白えびで唐揚げを作る

油の中に衣をちょっと入れて、すぐに泡が出たら、およそ180度のはず。

衣をつけた白えびを油で揚げます。揚げ時間は1~2分ほどで、短いです。

STEP
油をきって、できあがり
白えび唐揚げ

油をきってから、器に盛り付けましょう。

今年も旬の白えびを美味しくいただきました。

富山最高!

白えびのお寿司も美味しい

お寿司屋さんで、白えびのお寿司を食べることもできます。

軍艦巻きやお刺身では、白えびは新鮮である必要があり、そしてむき身にされています。

小さな白えびをむき身にするのは、手間がかかっていますね。

お寿司の白えびは甘くて、柔らかくて、クリーミーな味わいです。

生で食べるとまた違う味、食感なので、お寿司やお刺身でも食べたいですね。

なお、写真の白えびのお寿司は富山の回転寿司「番やのすし」のお持ち帰りのお寿司です。

回転寿司屋さんでも気軽に食べることができます。

富山に来たら、ぜひ白えびを食べてほしい

今年のゴールデンウィークには、白えびの唐揚げとお寿司をいただきました。

どちらも美味しかったです。幸せ。

唐揚げはパリパリ、お寿司はクリーミー。

他にも昆布締めや、かき揚げ、お刺身など、美味しい食べ方がいろいろあるんですよね。

どの食べ方も美味しいので、悩みます。

富山のいろんなお店で白えびは食べられるので、富山に来たらぜひ食べてみてください!

私はパリパリッと食べる唐揚げが特に好きです。

  • URLをコピーしました!
目次